道院挨拶

■■■2011年4月より道院長を務め6年目を迎えました。
少林寺拳法は、開祖・宗道臣先生が、第2次大戦中の中国での体験と、そのとき学んだ拳技を整理再編し、人づくりを目指した思想・技術と教育システムの総称です。
「単なる武道やスポーツにとどまるな」と教えられた魅力は、今では世界33か国に広がり、国内はもちろん世界中でも仲間と一緒に取り組まれています。

私も、少林寺拳法の魅力に惹かれ、少林寺拳法をとおして出会ったご縁によって道院長という指導者を若くしてさせていただくことになりました。連盟の業務にも携わり、多くの諸先輩と同じく、この道に人生を懸けてやってまいりました。

今回、多くの皆様に少林寺拳法の素晴らしさを今まで以上に伝えることが出来ればと思い、このホームページをリニューアルさせていただきました。名古屋伏屋道院の活動・行事についても、このホームページを通じて、より詳しく丁寧にお伝えしてまいります。

興味をお持ちいただきましたらぜひ一度見学や体験にお越しください。元気で真剣に頑張る少年拳士たちや、指導にも自分の稽古にも一生懸命頑張る一般拳士など、いろんな人たちの表情に出会えます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



 

プロフィール

  • 1981年08月 和歌山県にて齋藤家次男として誕生
  • 2000年04月 中京大学入学と同時に少林寺拳法部へ入部
  • 2003年 東海学生連盟委員長を務める
  • 2011年04月 道院長として認証を受ける
  • 2013年03月 名古屋伏屋道院専有道場を持ち開設
  • 2015年06月 県大会へ長男と親子演武の部に出場、優秀賞受賞→全国大会出場拳獲得
  • 2015年11月 全国大会へ長男と親子演武の部に出場、優秀賞受賞
  • 2016年06月 県大会へ次男と親子演武の部に出場、最優秀賞及び名古屋市長賞受賞→全国大会出場権獲得
  • 2016年11月 全国大会へ次男と親子演武の部に出場、優秀賞受賞→世界大会出場権獲得